Screen Shot 2021-05-10 at 11.16.21.png

同性に惹かれることはゲイであることと同じことではありません。一人の人が別の人に色々な種類の魅力を感じることは、その相手が異性でも同性でもあることです。全ての魅力が性的である必要もありません。なので同性に惹かれるということは、その人がゲイやレズビアンであるということとは違うのです。

同性に惹かれることは色々な形で現れます。性的でなくても青春のときめきのように『自分ではどうしようもない』と言ったように止められない経験かもしれません。同性に惹かれることはその人が憧れる同性から受けたい適切な愛情や認められたい気持ちから生まれることもあります。又一方で、同性に惹かれることは性的な欲求としてあらわれることもあります。

同性に惹かれてもその欲求を追い求めない決心をした人達がいます。

同性に惹かれることは自分の選択ではないかもしれませんが、その欲求に従って行動に移すかはその人の選択です。同性に惹かれてもその欲求を追い求めない決心をした人達がいます。そして同性に惹かれていても自分をゲイと呼ばないことを選んだ人達がいます。

見境のない 度が過ぎるからかい又はいじめは

若者たちが自分たちの性のアイデンティティーを誤解してしまうように仕向けてしまう可能性があります。

 

見境のない 度が過ぎるからかい又はいじめは

若者たちが自分たちの性のアイデンティティーを誤解してしまうように仕向けてしまう可能性があります。あどけない同性に惹かれる気持ちが思春期で性的なものに変わってしまった時、このことが性のアイデンティティーや性志向を混乱させてしまうかもしれないのです。

 

だからもし誰かが自分が同性に惹かれていることをあなたに話したなら、すぐに彼等をゲイやレズビアンだと決めつけるのは良いこととは言えません。彼らの話をもっと聞く必要があります。一緒にいて耳を傾けてあげることが必要です。